はじめに

start-1373698_1920

はじめに~その前に~

日本はこのままで本当に大丈夫なのでしょうか。
今の若者が企業の中枢を担うようなった頃、日本は世界で戦っていけるのでしょうか。

 

世間でも多く指摘されていますが、私もまた、今の日本に強い危機感を持っており、上記の質問に自信を持って「はい(YES)」と答えることができません。

 

採用や教育を中心とした人材サービス業を10年弱営んできましたが、その分野においても、その危機感は毎年強くなっています。また、これまでに金融・製造・IT・小売・サービス・飲食など人材サービス業とは異なる様々な事業に携わってきましたが、それらの業界においても同様の危機感を感じました。さらには、経営者仲間や知人と話をしていても、そのような話題があがることは年々と多くなっているように思います。これは単に、私自身が歳を重ねてきた人生訓や、私や私の周りが悲観的な性格の持ち主というわけでないように思います。

 

おそらく、教育関係者だけでなく、経営者はもちろん、毎年社会に送り込まれてくる若者を採用・教育という場で奮闘されている企業の人事担当者や、現場で働く多くのビジネスパーソンも同様のお考え(お気持ち)ではないでしょうか。

 

その一方、それら危機感の原因が明らかであるなら、解決はそう難しくないかもしれません。原因が明らかであれば解決策も考えられますし、考えうる解決策をすべて試していけば、いずれ問題は解決され、危機感も霧消するはずです。

 

しかし、私たちが感じているこの危機感・閉塞感、実はその原因が明らかにされておらず、その明らかにされていないことが大きな問題ではないかと考えています。はっきりとした原因はわからないけど、何となくではあるけど、日本ってこのままでいいのかな、良くない気がする、そのようなオーラが日本全体を覆っており、我々の心の中にまで浸透しているのではないでしょうか。

 

 

もしかしたら私たちは、とても大事な「何か」を見落としているのかもしれません、もしくは敢えて見ないようにその向き合わなければならない「何か」に蓋をしてしまっているのかもしれません。はたまた、原因が複数あり、複雑に絡み合っているのかもしれません。

 

当社は事業活動を通して、危機感をもたらしている原因を追究し、「人材」をキーワードとしながら解決に向かうヒントを探していきたいと思います。大所高所の観点から、社会に貢献できるよう事業活動に取り組んで参ります。

 

~ミッション~

世界から称賛される一流の人材を一人でも多く創造していく


「企業は人なり」

ビジネスパーソンや学者など多くの方が口にするこの原則に従えば、もっと多くの企業が採用業務や教育業務に注力し、人とお金と時間をより多く投下すべきだと思うのですが、現実社会においては、なかなかそのような企業に出会うことは決して多くはありません。

 

もちろんムダは省き、効率よく進めることはとても重要なことですが、より少ない人数と工数で、可能な限りコストを切り詰めて実施するのが採用・教育業務である、という非常識が常識として成立しているかのように感じることがあります。

 

いいもの・いいサービスにはそれだけコストがかかるように、採用や教育も同様です。期待すべき人材を確保するためには、それだけの時間もコストも必要です。しかし、そんな当たり前なことから逸脱した結果として、世の中には「人」が溢れている一方、最も不足しているのもまた「人」という社会になってしまったのではないでしょうか。

 

マジメに努力すれば報われる時代はとうの昔に過ぎ去ってしましました。政治や次の時代を担う若者を見て嘆くのではなく、まずは今を生きる自分たちが変わり、自分たちが新たな時代を拓くリーダーであらねばなりません。そうすることで初めて、次世代を担う若者が私たちの背中を追いかけて来るのだと思います。また、そのような若者の姿を見ることで、今を生きる者は初めて次世代を担う若者に期待が持てるのだと思います。高付加価値が創造できる人材であらねばなりません。

 

~創造を願う人物像~

過去の日本人経営者は、世界で広く称賛されていた


当社は、現在でも世界中で語り草のように語り継がれている過去の著名な日本人経営者から学ぶ点は多いと考えています。

 

たとえば、松下幸之助さん・本田宗一郎さん・藤沢武夫さん・盛田昭夫さん・井深大さん・渋沢栄一さん・小倉昌男さん・中内功さん・佐治敬三さん・小林一三さん…などが挙げられます。

 

彼らは戦前もしくは戦中に生まれ、戦後の日本の復興期をリードした方々です。私利私欲ではなく、焼野原と化した日本の復興を願い、現代の礎を築いてこられました。「モノづくり国・日本」「世界から称賛される日本」を築いてこられたと言っても言い過ぎではなく、現代を生きる私たちは今だにその恩恵を受けて生きています。そして、今でも日本国内だけでなく海外でも多くの方が影響を受けており、世界のビジネススクールでも教材の一部に使われていると聞いています。

 

当社は、このような人材が今の日本に創造されたならば、目の前の危機感・薄雲が晴れ、きっと明るい未来が見えると信じています。